税理士事務所の徹底比較

個人事業を始めるにあたって気になるのが国保と所得税。所得別に払わなければいけない金額の目安をご紹介します。

個人で事業を行うには、税金や国民健康保険料を自分で支払わなければいけませんが、

気になるのは所得に対して国民健康保険料や所得税はいくらかかるかということではないでしょうか?個人事業主は、国民健康保険に加入しなければいけません。

国民健康保険は、現在住んでいる自治体役場に行くと加入することができ、

前年の所得税をもとに計算されます。

所得税は、所得に応じて支払わなければいけない税金で、

収入から必要経費や各種控除を引いた額に収入ごとの税率をかけたものが支払う額となります。

所得税は、「超過累進税率」を採用しているため、収入があればあるほど支払う額は高くなります。

個人事業主が支払わなければいけない国民健康保険料と所得税の目安を所得別に見てみると、

たとえば、所得が50万円の場合、

国民健康保険料は約8万円、所得税は約2万5,000円、

所得が100万円の場合、

国民健康保険料は約15万円、所得税は約10万円、

所得が300万円の場合、

国民健康保険料は約38万円、所得税は約45万円、

となります。

国民健康保険料や所得税は、住民税とも深く関係してくるため、

詳細を知るには住民税を調べるか、自治体役場や税理士に相談しましょう。

税理士事務所に所属している税理士なら経験も豊富でよいと思います。

なお、国民健康保険料や住民税は、自治体によって異なります。

さらに住民税は、前年の所得に応じて決まるため、

前年度の所得が高ければ今年度の所得が低かったとしても、高い住民税を支払わなくてはいけません。

これから個人事業を始める場合には、あらかじめきちんと税金や国民健康保険について把握しておきましょう。

Comments are closed.